HIITを夜にやるのは効果的?注意するべきポイントは睡眠と栄養補給にあり!

・夜にHIITをやっても効果は変わらない
・夜のHIITは興奮して寝れなくなる恐れあり
・疲れて寝る前にタンパク質の補給を忘れない

 

高強度インターバルトレーニングである【HIIT】をやるタイミングは【アフターバーン効果】のことを考えると朝や午前中にやることが推奨されています。

HIITは朝にやっても大丈夫?朝に行う場合のメリット・デメリットを紹介!

そういった人の中には「夜にHIITをやっても効果はあるのか?デメリットはあるのか?」と疑問に感じる人がいると思います。

結論から先にいうと【HIITは夜にやっても効果は変わらない】です。

朝にやろうが夜にやろうが運動自体は同じなので同等の効果を得ることができます。

ですが、夜にHIITを行う場合は【注意すべきポイント】もあります。

そこで本記事では【HIITを夜にやる場合の注意点】を紹介していきたいと思います!

HIITは夜にやっても充分な効果に期待できます

冒頭でも言ったように夜にHIITをやっても十分な効果に期待できます。

ただ、朝に行うメリットのほうが多いのかなと個人的には感じます。

【朝にHIITをやるメリット】は主に以下の2つが挙げられます。

・※アフターバーン効果で日中も脂肪燃焼効果が続く
・朝に運動することで認知機能が向上し、目が覚める
※【HIIT後にも脂肪燃焼が持続する効果】

夜にHIITをしてもアフターバーン効果は働きますが、人間は寝ている間にもカロリーを消費します。

そうなるとなんとなくその時間にカロリー消費する現象が被ってしまうのは損した気持ちになります。
そう考えると【日中のデスクワークなどの止まっている時間に脂肪燃焼が起きている】という状態の方が好ましいなと感じてしまいます。

2つ目の【認知機能の向上・目が覚める】に関しては、後述しますが、夜にHIITのような激しい運動をすると興奮し【寝付けなくなる】ということが起こりがちです。

次の日が休みならいいのですが、仕事となると少しキツいかなと思います。

このように朝にやるのも夜にやるのも効果は同じですが、微妙に朝の方がメリットが多いかなという感じです。

次は【HIITを夜にやる場合の注意点】について解説していきます。

HIITは朝食前にやるのが効果的?朝食前にやる際に気をつけたいポイントとは?

興奮して寝れなくなるのを防ぐのにお風呂に入ろう

1つ目は、先程少し触れましたが【興奮して寝付けなくなる可能性がある】という点です。

HIITはかなり激しい運動なので、やってるうちにアドレナリンがでて、覚醒状態に近い状態になってしまうことがあります。

そうなると寝れなくなってしまいます。

それを防ぐには【お風呂(湯船)に入る】のがおすすめです。

人間の体は【温まった状態から冷えると眠くなる】という機能があるので、それを活かしてお風呂に入ってその状態を作り出しましょう。

筋肉の疲労も温めることで取れるし、精神的にも落ちるけるしで【一石二丁】なので試してみてください!

HIITは筋肉が分解されてしまうのか?エビデンス(根拠)のある対処法を紹介!

疲れて寝る前にタンパク質補給を怠らないように

2つ目の注意点は【疲れてしまって寝る前に栄養補給をする】です。

HIITをやると慣れない内はすごい疲労感で睡魔に襲われることもしばしば出てくると思います。

その睡魔に身を任せて眠ってしまうの悪いことではないですが、寝る前の【栄養補給】は欠かさずに行うようにしましょう。

栄養補給というのは、主に【タンパク質の摂取】のことを指します。

筋肉の回復、成長を促すには体内に充分なアミノ酸がないといけません。

HIITのようなキツい運動の後は、体内のタンパク質は枯渇している可能性が高いので、そのまま寝てしまうと、最悪【筋肉が分解】されてしまう恐れがあります。

筋肉量が減れば【※基礎代謝量】が低下し、痩せにくい体になってしまいますし、筋肉をつけたくてHIITをしているのにHIITをすることで筋肉が分解されてしまえば【本末転倒】です。
※普通に生活しているだけで消費されるカロリーの総量

疲れて食事を摂るのが面倒くさいのなら【プロテイン】で補うようにしましょう。

HIITにプロテインは必要?飲んだほうがいい理由について解説【おすすめ紹介】

プロテインは水に溶かして飲むだけなので10秒あれば作れるのでおすすめです。

「プロテインはなにを選べばいいの?」と悩む方は【マイプロテイン】がおすすめです。

コスパもよく、味も美味しいので筋トレ初心者から上級者まで幅広い層に使われています。

気になる方はチェックしてみてください!

まとめ

 

今回は【HIITを夜にやる場合の注意点】について解説させていただきました。

朝にHIITを行う方が最大限メリットを享受できる感はありますが、夜に行っても脂肪燃焼効果などはしっかりと得ることができます。

【平日は夜、休日は朝にやる】というように変化をつけていくのもいいと思います!

効果は同じなので、無理をせずご自身のライフスタイルに合わせてHIITを実践していってください!

それでは!!

・夜にHIITをやっても効果は変わらない
・夜のHIITは興奮して寝付けなくなる恐れあり
・疲れて寝る前にタンパク質の補給を忘れない