HIITとランニングを比較してみた!【効果・時間効率・続けやすさ・難易度など】

・時間効率がいいのはHIIT
・続けやすい(易しい)のはランニング
・天候に左右されずにできるのはHIIT
・「細くなりたい!」という人はランニング

 

最近、高い脂肪燃焼効果があると話題の運動法である【HIIT】ですが
「ランニングと比較したときにどっちの方が効果的なの?」と気になる方は多いのではないでしょうか?

結論から先にいうと【両方とも効果的】です。

【痩せる】ということに関しては、どちらもしっかり行えば痩せることは可能です。

ですが、HIITもランニング【良い点・悪い点】があります。

例えば、時間効率でいえば圧倒的にHIITが優秀ですが、易しさ(キツさ)でいえば、ランニングのほうが勝っているといえます。

そこで、本記事ではHIITとランニングを様々な面から見て比較していきたいと思います!

HIITとランニングを比較してみる

ここからはHIITとランニングをあらゆる角度から比較していきたいと思います。

時間効率が圧倒的に良いのは【HIIT】

まず【時間効率】という観点から見たときには【HIIT】が圧倒的に優秀だといえます。

「HIITの時間効率がどれくらい良いのか?」というと【1分間で45分間の運動と同等の効果が得られる】ということが研究から分かっています。

どういった研究かというのは以下にまとめておきます。

【通常の運動グループ(持続的運動)】
45分間(最大心拍数70を超えない程度)を週3回
【HIITのグループ】
負荷のかかったペダルを【全力20秒×10秒休憩×3セット】を週3回
【トレーニングしないグループ】
普段通りの生活を送る
【参考資料】『世界一効率のいい運動』 著 川田浩志

この研究から、通常のトレーニング(持続的運動)をしたグループとHIITを実施したグループは【同様の健康増進効果】が得られることが明らかになりました。

なので、「ランニングや筋トレする時間がない…」という人は、HIITが非常におすすめです。

HIITは朝食前にやるのが効果的?朝食前にやる際に気をつけたいポイントとは?

難易度が低く続けやすいのは【ランニング】

「1分と45分が同じならHIITの方がいいじゃないか!」と思ったひとがほとんどだと思いますが、HIITには1つ欠点があります。

それはものすごく【キツい】という点です。

HIITの1番オーソドックスな型が【1回4分】なのですが、「たかが4分」と侮ってはいけないレベルでキツいです(笑)

日常的に運動する習慣のない人が1回やれば、次の日は全身筋肉痛で思うように動けなくなると思います。

HIITを始めた方の多くはこのキツさによって継続することができないという人が多いです。

なので、その点に関しては【自分のペースで動ける】という特徴をもっているランニングやジョギングのほうが継続しやすいと思います。

【時間効率をとるのか、継続しやすさをとるのか】というのは、皆さんのライフスタイルややる気次第で選んでみてください。

HIITと筋トレを並行して行う場合の頻度はどれくらいが効果的なのか?

天候に左右されないのは【HIIT】

雨風や雪に左右されずに行えるという面では【HIIT】が優れていると思います。

HIITはランニングやジョギングと違い、基本的には室内で行えるものばかりなので、雨が降ろうが雪が降ろうが行なえます。

反対にランニングは天候が悪ければ実施することができません。

皆さんも経験あると思うのですが「今日は雨降ってるから走るのやめよ」と1日休んで、次の日も雨が降って、3日後にはやめてる…というパターン。

運動はまず【習慣化】することが大事なので、その点に関して天候に左右されないHIITは優秀だと思います。

HIITは筋肉痛のときでもやっていいのか?無理をすると怪我のリスクが高まる!?

筋肉をつけずに細くなりたい人は【ランニング】

女性などによくある「足を太くしたくない」とか「筋肉つけたくない」といった願望を持っている人は【ランニング】をおすすめします。

HIITは【筋トレ(無酸素運動)】の要素も強くあるので、やり込めば筋肉がついてしまいます。

そんな急に「筋肉が太くなる」ということは起きませんが、継続していくうちに筋肥大は少しずつしていくので注意が必要です。

反対に、男性などで「細マッチョになりたい!」みたいな人にはランニングよりもHIITが適していると思います。

【自分のなりたいカラダ】に合わせてHIITかランニングかをチョイスしていきましょう!

HIITは増量期・バルクアップ期には必要?筋トレだけに集中するべきなのか?

まとめ

今回は【HIITとランニングの比較】というテーマについて解説させていただきました。

それぞれの【良い点・悪い点】を比較しながら、自分の求めている要素を持つ運動、なりたいカラダになれる運動を選んでみてください!

それでは!

・時間効率がいいのはHIIT
・続けやすい(易しい)のはランニング
・天候に左右されずにできるのはHIIT
・「細くなりたい!」という人はランニング

【参考文献】
『世界一効率のいい運動』 著 川田浩志