HIITに筋肥大は期待できるのか?【ムキムキにはなれないが細マッチョは目指せる!】

・HIITでも筋肥大は狙える
・本気の筋肥大を狙うならウェイトトレーニングをしよう
・なりたいカラダから逆算してトレーニング法を選ぼう

短いインターバルで強度の高い運動を繰り返す
トレーニング法として有名な【HIIT】

脂肪燃焼効果が高いので
ダイエットに用いられることが多いですが
「HIITで筋肥大を狙うことはできるの?」
疑問に思う方もいると思います。

結論から先に言ってしまうと
HIITで筋肥大を狙うことは【可能】です!

ですが、ボディビルダーのようなムキムキになるのは
ほぼ不可能だと思ってください。

狙えるのは頑張っても【細マッチョ】程度ということを忘れないでくださいね!

本記事では【HIITで筋肥大は期待できるのか?】ということを中心に解説していきたいと思います。

HIITで筋肥大させることは可能

冒頭でも言ったようにHIITで筋肥大させることは【可能】です。

ダイエット法として広く行われている
ランニングなどは脂肪燃焼効果は高いですが
基本的に足の筋肉しか使わないので筋肥大には期待できません。

しかも、ランニングで足の筋肉はつきますが
肥大するというよりは【引き絞まる】というニュアンスが強く現れます。

その反面、HIITはランニングと同等かそれ以上の
脂肪燃焼効果を持ちつつも筋トレの要素が強いので
ランニングと違い、筋肥大を狙うことができます。

また、鍛えたい部位に合わせてメニューを組むことができるので、焦点を合わせて鍛えることができます。

このようにHIITというのは
ランニングの有酸素要素と筋トレの無酸素要素を
かけ合わせた夢のようなトレーニング方法なのです。

脂肪燃焼効果も高いので
「細マッチョになりたい!」という人には
HIITが非常におすすめです。

かといって、HIITの筋肥大効果を過信しすぎてはいけません。

やはり、筋肥大という観点で見たときには
【筋トレ(ウェイトトレーニング)】に勝るものはないです。

次は、その点について詳しく解説していきます。

HIITは毎日やってもいいの?毎日行う場合に絶対守っておきたいポイントを紹介!

本当に筋肥大を狙うなら筋トレ(ウェイト)がおすすめ

「本当にムキムキになりたい」という願望のある人は
ウェイトを使った【筋トレ】をしましょう。

その理由としては、筋トレで絶対的なルールとされている
【漸進性過負荷の原則】が関係してきます。

漸進性過負荷の原則とは
【筋肉の成長】には欠かせない考え方の1つで
何よりも大事にされているといっても過言ではない原則です。

漸進性過負荷の原則を簡単に説明すると
【徐々に筋肉にかける負荷を上げないと成長しないよ】
というニュアンスで考えてもらえるとわかりやすいと思います。

それとHIITがどう関係あるのかというと
HIITというのは、基本的に自身の体重が負荷となる
【自重トレーニング】がメインのトレーニング方法になります。

ということは、体重が極端に増加したりしない限り
毎回、負荷は【ほぼ一定】ということになります。

そうなると漸進性過負荷の原則で考えると
【筋肉は成長しない】ということになります。

まぁ、厳密にいうと0ではないと思いますが
最初に比べると目に見える変化はどんどんと減っていくと思います。

そう考えると筋肥大を本気で狙うのであれば
負荷を上げやすいウェイトトレーニングが必要になってくるのです。

HIITは筋肉痛のときでもやっていいのか?無理をすると怪我のリスクが高まる!?

自分のなりたい体から逆算して考えよう

ここまでの話は「ランニングがだめ」とか
「HIITが良い」とか「筋トレしなきゃいけない」ということではないです。

要は【自分のなりたい体から逆算してトレーニング法を選びましょう】ということを伝えたいです。

シンプルに「細くなりたい」っていうのであれば
ランニングが良いと思います。

「細マッチョくらいにはなりたいかな」と考えているのであればHIIT。

「ムキムキになってやる」というのであらば筋トレがいいでしょう。

で、どれかを始めてみて「この部分物足りない」と感じたら
他のトレーニング法も取り入れてみたらいいと思います。

「あれがだめ、これがいい」という考えになると視野が狭くなってしまうので注意が必要です。

自分の目指すカラダに合わせてトレーニング方法をチョイスしてみてください!

HIITにプロテインは必要?飲んだほうがいい理由について解説【おすすめ紹介】

まとめ

今回は【HIITで筋肥大は期待できるのか?】という点について解説させていただきました。

今回の内容をまとめると以下の通りになります。

・HIITでも筋肥大は充分期待できる!
・本気で筋肥大を狙うならウェイトトレーニングをしよう
・自分のなりたいカラダに合わせてトレーニング法を選ぶ

1番大事なのは【なりたいカラダから逆算してトレーニング法を選ぶ】ということなのかなと思います!

皆さんも今1度考えてみてはいかがでしょうか?

それでは!!